本当の自分に還り、本物の豊かさを味わう
引き寄せの法則の本質 自由と幸福を求めるエイブラハムの源流

あなたは、自分自身が誰かにとって、価値があることを証明するために、地球上にいるのではない。-byエイブラハムの教え

あなたは、自分自身が誰かにとって、価値があることを証明するために、地球上にいるのではない。


P12からの引用です。

 

「価値」とは、グーグルでは次のように定義しています。

 

どれくらい大切か、またどれくらい役に立つかという程度。またその大切さ。ねうち。”

 

命、あるいは生命の存在は、ただあるだけで、大切であり、誰かの役に立ち、ねうちがある、と心の奥深いところでは誰もが感じているもの。

 

それなのに、わたしたちは常に誰かに認めてもらおうと、必死になる。

 

誰かや社会の承認をもらえないと自分はダメな人間なんだ、劣った人間なんだと卑下したり。

 

それでも何とか心のやりくりをして、一生けんめい正しくあろう、認められようと奮い立たせる。

 

みんなのスタンダードに合せなきゃ、いっぱしの人間じゃないのだから。って。

 

赤ちゃんは生存本能から泣くことで、養育者の庇護を求めます。そして成長過程においては、次に承認欲求が芽生えてくる。これも実は生存していくための機能。存在価値を認めてもらわなければ、生死にかかわるから。

 

で、大人のわたしたち。もう養育されなくとも生きて行けます。それなのに、まだ承認されようと必死になってしまっているのは、なぜ?

 

それは養育時代に記憶された生存するための防衛パターン。記憶の再生、くりかえされる反応。

 

このカラクリが腑に落ちた時に、ふうっと目が醒めます。

 

誰かや何かの承認を求めてしまっている、と気づいているのなら、もう大丈夫。客観的に自分がみえているから。

 

そんなときは、一歩進んでこんな質問をしてみるといいですよ。

 

わたしは、いまなにを埋めようとしているの?

 

わたしは、いまなにを怖がっているの?

 

わたしは、いまほんとうは、ほんとうは、どうしたいの?

 

一方で、一生懸命がんばってるのに報われない、心が苦しい、体が苦しい、、、という流れのなかにいるのなら、「誰かの(社会の)」為にやるべき、やらねば、が当然になってしまっていて、ほんとうの自分の声が聞こえなくなっている状態。

 

そんなときこそ、きょうのエイブラハムの教えを心の片隅に。

 

”あなたは、自分自身が誰かにとって、価値があることを証明するために、地球上にいるのではない。”

 

わたしたちは、ただ在るだけで、大切であり、誰かの役に立ち、ねうちがある。