本当の自分に還り、本物の豊かさを味わう
NO IMAGE

自分を突き動かす動機を知る/セドナメソッドについて㊺

[deco_bg image=”paper2″ width=””]

求めることは欠乏と同じです。持つことと同じではありません。
求める気持ちを手放すと、その結果、より持てる気持になります。
またそれに伴い、すでに実際に持っているものに気づくことが多くなります。

省略

人は皆、思考、感情、信念、態度、振る舞いの
パターンの下にある四つの基本的な欲求に動機付けられています。

これらの根底にある動機付け要因
―制御、承認、安全、分離の欲求―は
私たちを制御するすべての核となります。

こうした「欲求」を解放すると、望むものを手に入れ
なおかつやる気を保つことができます。

この手順はただ、不足感と欠乏感を手放すだけです。

省略

私の経験では、「欲しいものを手に入れる」ことで
心から満たされることがないもうひとつの理由は

本当に求めているものは目に
見えるものからは得られないからです。

にもかかわらず、多くの人が
欲しいと信じているものを自分に与えません。

なぜなら自分には決して手に入らないと
考えているか、求めることすらいけないことだと言われてきたからです。

セドナメソッドは、文字通り何十万もの人々を
自分自身にこのような制限を押し付けることから解放してきました。

あなたにもきっとできます。

人生を変える一番シンプルな方法 
主婦の友社 ヘイル・ドゥオスキン著 p127、128より引用

[/deco_bg]

世界NO.1のコーチとして知られる
アンソニー・ロビンズは成功の定義
を次のように述べています。

成功とは何か
成功とは本当の自分を生きることだ

だがしかし、多くの人が
本当の自分ではない人生を生きようとする
うまくやろうとして、ごまかして生きている

彼のセミナーには大統領やハリウッドスター
などのいわゆる世界中のセレブも参加することで
有名ですが、なぜ、そんなセレブたちがコーチング
を必要としているのでしょうか?

これこそまさに
どんなに物質的な成功をおさめたとしても

”本当に求めているものは目に
見えるものからは得られないから”

ということを証明する
一例なのではないでしょうか。

アロ~ハ♪@yukarinkoです^^

欲求の解放、すすんでいらっしゃいますか?
本日はアンソニーのお話を出しましたので

欲求のあぶりだしに関連した
アンソニーのコーチングネタを
ご紹介したいと思います。

さて、アンソニーは、、わたしたちが人生を
歩んでいく中で指標とする基本的なニーズは
下記の6つであるとしています。

1.安定感
2.不安定感(多様性)
3.重要感
4.愛/つながり
5.成長
6.貢献

これらはヒューマンニーズといいますが
ここでみなさんに手すきのときにでも
時間をとってやってみてほしいのですが

これらの6つのヒューマンニーズのなかで
自分はどんなニーズが強いのかをランク付け
していってほしいのです。

自分がどんなヒューマンニーズ
が強いのかを導き出すポイントは

そうだろうという主観的な考えから
導き出すのではなく、過去から今の自分を
作り上げてきた行動から導き出していくこと。

なので、自分を振り返る時間を
しっかりとって取り組む必要があります。

かなりおすすめのセルフワークですので
自分にとって役に立つことをしたい!
という方は、是非やってみてください。

できれば、ネタバレになるので
この続きはランク付けが終わった後に
読み進めることをおススメします(^o^)

さて、ランク付けがおわったと
仮定してすすめていきますね。

いかがでしたでしょうか?
上位2つはどんなニーズでしたか?

実は、上位二つのニーズが
ドライビングフォース(駆り立てる動機)となって
あなたを突き動かしています。

ちなみにアンソニーいわく
1位か2位に安定感あるいは重要感が
入っているひとの人生はぼろぼろなんですって(笑)

なにがぼろぼろだかわかりませんが
わたしは上位ふたつが安定と重要でした爆笑

、、、なるほど、うん
確かに、ぼろぼろの面もあったかも(ー_ー)!!

例えば、独立したいしたいといって
いつまでも会社にいるひとっていますよね?
(これも私にあてはまってた笑)

これって重要感のニーズが強いわけなんですね。
重要感はいつも人と比べているんです。
本当の俺はこんなもんじゃないって。

セドナでいうと、承認とか分離欲求とかぶるのかな。

あと、安定感のニーズだと
いつも何かをやり始めては元の木阿弥、、、
同じことの繰り返しをしているパターンとか。

変化を望んで飛び立とうとするんだけど
根本的な行動を支えているのが安定感だから
元の木阿弥になってしまうわけですよね。

さて、自分を駆り立てるニーズが
わかったら、そのニーズがあなたの

人生で役に立ってきたか、そうではなかったか
それがポイントとなってきます。

もし役に立っていなければ
セドナを使って手放していきまっしょう

役にたっていないと気づいたものを
いつまでも持っている必要はないのですから。

そして、ぜひ、ヒューマンニーズの順番を
入れ替えてみてください。
(1位と2位だけでOK)

自分はこの先どのような
人生を作り上げていきたいのか

そんために必要な
ヒューマンニーズはなんなのか?

参考までに、わたしの場合は
一番に愛と繋がり、二番目に成長をもってきました。

まだ、成長したいんですね。わたし。
自分がこれから成し遂げたいことをやっていくために
まだまだたくさん拡大していきたいのであります(笑)

ただし、ある段階から、成長は貢献に
入れ替えようと思っておりますが。

人生を自由自在にコーディネート
していきたいですものね♪

入れ替えは、決意するだけです。
そのかわり、それが信念になるまで
なんども決意し続けます。

自分がそのヒューマンニーズに
そった行動をしていないことに気づいたら

何の欲求がそれをじゃましているのか
その欲求を手放していきます。
(このあたりのことは、テキストを参考にしてみてください)

はてさて、本日のお話しは
参考になりましたでしょうか?

あなたが成功することを
妨げていた原因はなんだったのか、、、

ヒューマンニーズを探ることで
あぶりだしてみてはかがでしょうか(^o^)

ではでは、本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました

過去記事(アメブロへ移行中)の最新記事8件