本当の自分に還り、本物の豊かさを味わう
NO IMAGE

オーラから知る感情って?/セドナメソッドについて㉒

au1

画像参照元
http://aurarainbow.com/setumei.html

アロ~ハ♪yukarinkoです^^

本日は、オーラのお話をしたいと思います。

オーラという観点から新しい角度で
セドナメソッドをみてみましょう。

さて、上の図をみて
???って思いませんでしたか?なんだこれっ?みたいな。

霊的には、人間は7つの肉体
をもっていると言われています。

視覚化できるのはふだん私たちが文字通り
肉体ということばで表現している体なわけですが

実際に私たちの肉体はいくつもの層で取り囲まれています。

小さな肉体にとてつもない宇宙が入り込んでいる
そんなイメージでしょうか。

上の図の第2層をみてほしいんですが、それが感情の層。

わたしたちがセドナメソッドて解放している感情は
すべてこの層にエネルギーとして蓄積されています。

例えば透視能力者が、あなたがいまどんな感情をもっていてとか
どんな人格、性格なのか、どんなセクシャリティをもっていてとか

そういった情報をリーディングする場合は
この第2層から情報を読み取ります。

ちなみにこのオーラには、あなたの魂の始まりの瞬間からの
情報が全てインプットされています。

さて、私たちの感情は目に見えないだけで
エネルギーとして間違いなく存在しています。

そしてそのエネルギーが
オーラの第2層に蓄積されている。

どんなにみないフリをして、忘れたふりをしても
エネルギーとしては残っている状態なんですね。

オーラには、あなたが体験してきた出来事が全て
蓄積されているわけですが

例えばその出来事をひとつの写真だとイメージしてみましょう。

あなたの体験の全てが、画像としてオーラに取り込まれている。

そしてオーラに取り込まれるデータは
単にピクチャーとしてのそれではなく

画像+感情というデータで取り込まれます。

実はセドナメソッドの解放ワークは
このオーラに蓄積されていたデータから

感情を解放し、画像自体をニュートラル
な状態にすることを可能にしています。

つまり、わたしたちが体験した出来事を
感情というエネルギーを解放することによって

いいとかわるいとかのなんらかの意味付を外し
起こったことありのままの出来事として
オーラに再保存しているってな感じでしょうか。

ひらたくいえば、オーラを軽くしている作業といえます。

波動の法則。
浄化されたものほど、軽い波動です。

ですから、肉体に近いオーラほど
密度が濃い、エネルギーとしては重いんですね。

わたしたちが、肉眼で見えるものほど
密度が濃い、重いエネルギーなわけです。

だから、肉体が目に見えるけど
肉体より密度が薄くなっていくと、一般的には肉眼で見えない。

じゃあデータから感情を抜くと
思い出を忘れてしまうのでは?

いい思い出は感情ごととっておきたいんだけど!!!
ってクレームがあるかと思いますが、その辺は問題ないのでご安心を。

出来事に付随した感情は残ります。
ただそれを思い出しても解放後はニュートラルになっているわけなので

もうその感情に引っ張り回されることがなくなるんですね。

ほら、嫌なこと思い出すと
また嫌な気持をぶり返すこと、あるでしょ?

それって
その感情が昇華されずに、執着を手放せていないから。

もととなる観念がその感情をひき起こし
その感情が思考を作り、その思考が行動をつくって

その行動が習慣化してその人となり、その人の人生を形成する
ってことをよく話してきたと思いますが

オーラは外側に行けば行くほど
密度が薄くなる、波動として高い波動になっていきます。

何がいいたいのか。
もちろんいろんな要素はありますが

感情を解放すればするほど、オーラがクリーンになって
波動があがることにつながりますよってことです。

どうせなら、綺麗なオーラでいたいですものね^^
なので、大いにセドナメソッドを実践したいものです。

ではでは、本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました

過去記事(アメブロへ移行中)の最新記事8件