本当の自分に還り、本物の豊かさを味わう
NO IMAGE

努力の方向性/セドナメソッドについて㉑

[deco_bg image=”paper2″ width=””]

◆恐れ

恐れを感じているとき、私たちは、一歩踏み出したいと思っても
危険が大きすぎると考えて踏み出せません。

前より痛い目に遭うかもしれないと思い込んでいるからです。

手を伸ばしたいのですが、傷つくだろうと思ってできません。
感情はまるで熱いフライパンの上の冷水のように、非常に早く上下します。

頭の中は悲しみの状態ほどかき乱されていないものの
やはり雑音が多く不明瞭です。

イメージや思考は悲運と破壊に関するものとなります。
考え、イメージすることといえば、どれほど傷つくだろうか

何を失うだろうか、どうやって自分と周囲の者を守らねば
ならないかといったことばかりです。

人生を変える一番シンプルな方法 
主婦の友社 ヘイル・ドゥオスキン著 p77より引用

[/deco_bg]

アロ~ハ♪yukarinkoです^^

本日は『九つの感情の状態』の
【恐れ】についてお話したいと思います。

テキストをお持ちの方はp77~を参照してください。

いつものように恐れを説明する言葉を
テキストから少しだけ抜き出してみましょう。

  • 心配する
  • 注意深い
  • 疑い
  • 悪い予感
  • うたぐり深い
  • 不安な
  • 逃げたい
  • 神経質な
  • おびえる

あなたはどんなときに恐れを感じますか?
恐れとは、どこからやってくるのでしょうか?

会社を辞めたいけど、次の仕事がスムーズにきまるだろうか
失業してしまったらどうすればいいのだろう

すきな人に告白したいけど、拒絶されたらどうしよう
恋人が浮気していないだろうか

みんなに好かれているだろうか
あんなこと言ってしまったけど、嫌われてないかな

【恐れを感じることを恐れる必要はない】
と以前どこかに書いたと思います。

生きていれば恐れの感情なんて
しょっちゅう沸き起こると思いませんか?

恐れの感情が危険から守ってくれることだってあるわけですし。

なので、恐れの感情が出てきたからって、右往左往するんじゃなくて
恐れの感情が出てくるのは当たり前って前提にすると楽ですよ。

ああ、また恐れがでてきたなあ。
何に恐れをかんじているんだろう・・・。

こんな風に自分を俯瞰してみます。

気をつけなければならないのは、恐れに支配されてしまうこと。

恐れに支配されると、本来自分がもっているパワーに制限をかけ
変化あるいは進化していくことを封印してしまいます。

何かの雑誌だったか、誰かのブログか忘れましたが

たくさんの人が、変化しないための努力をしている。

っていう言葉があって。なるほどなって。

あなたは
自分のエネルギーをどこに向けていますか?

変化しないための努力に向けていますか?
進化していくための努力に向けていますか?

いつものことですが、どっちでもいいと思います。
あなたが、ちゃんと意識的に選択していることであるのなら。

わたしは努力ということばはどうも苦手なので
ワクワクする方をいつも選択しています。

よく転んできましたが、我が人生に悔いなし
いつ肉体を去っても一滴の後悔もありません(๑≧౪≦)

さて、変化するとか変化しないとかを
もうすこし掘り下げて考えてみましょうか。

多くの人が安定=幸せという幻想に捕らわれすぎている
とわたしは思うのですが、あなたはいかがですか?

安定っていったいなんなんですかね?

安定って、変化しないということと同義語なのでしょうか。

なにを言いたいかというと

【安定=幸せ】という幻想を捨て去ると
つまり、安定することへの執着を手放すと

すごーく楽になりますよってことです。

安定より数段上がって極楽になる。

やすくさだめられた世界より、きわめてたのしい
人生の方がいいなとわたしは思うのですが。

人が変化することに抵抗する理由は
何かを失うのではないかという恐れが根底にあるからです。

恐れを感じることを恐れる必要はない。

この恐れは、わたしの何を制限してきたのだろう
この恐れは、わたしの人生にどんな影響を与えてきたのだろう

この恐れを手放すことによって、わたしの人生はどのように変化していくだろう
この恐れを手放すことのリスクは?手放さないことのリスクは?

今日はセドナメソッドを使って
あなたの恐れの根底にあるものを解放してみてはいかがでしょう?

まず、恐れの感情そのものを解放する。
一度だけじゃなくて何度も何度も解放してみてください。

すぐに出てくるかもしれませんし、数日かかるかもしれませんが
ちゃんと解放し続けると、ひょっこりでてきますから。

あなたの極楽にいたる道を塞いでいたなにか。
本来のキラキラしたあなたを制限していた何かが。

感情の元になっている観念(欲求)が
解放されると、外側は同じ出来事なのに

今までとは違ったように世界が見えます。
いつもと同じ風景も愛すべき人たちも

通りすがりの景色や行き交う人々、、
その全てがあったかくてやさしくて

殺伐としたコンクリートの世界から
トトロの森に帰ってきたかのような
色鮮やかでキラキラした世界。

是非、あなたにも感じて欲しいと思います。

そして、世間や誰かが作った幸せの定義をいったんぶち壊して
あなたにとっての幸せとはなんなのかっていうことを

考える機会をもうけてみてほしいと思います。
唯一無二の自分の魂のために。

ではでは、本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました

過去記事(アメブロへ移行中)の最新記事8件