本当の自分に還り、本物の豊かさを味わう
NO IMAGE

潜在意識に働きかけることば/セドナメソッドについて⑳

【信念泥棒】にはなりたくないものです(๑≧౪≦)

アロ~ハ♪yukarinkoです^^

前回は、九つの感情の悲しみと怒りをとりあげ
痛みを無視することのリスクについてお話ししました。

前回の記事を読んでもらうことで
上の動画でバシャールが話している内容を深く理解できると思います。

最後の方は、思考の現実化の極意みたいなことにも触れていますネ♪

さて、これまでわたしは、かなりの割合で自分と対話することの
重要性についてお話してきたと思います。具体例も含めて。

たぶん、このブログが続く限り、この自分との対話については
折に触れて、あの手この手で?(笑)、話していくとおもいますが(๑≧౪≦)

でも、そのくらい、重要だから。

そのそもセドナメソッドにしても、セルフワークっていうのは
自分と向き合って対話しなけりゃ、始まりませんからねw

で、今日はタイトルにもあるように、自分と対話するにあたって
潜在意識にどんなことばを使うのが有効的なのかについてお話します。

どうせ、ブツブツ、人知れず、自分と対話するならw
効果のあることばを使いたいですよね。

[deco_bg image=”paper2″ width=””]

潜在意識に理解できない概念のひとつに
「Try(頑張ってみる、試してみるのような意味)という言葉があります。

頑張ってみるだけでは、何もできないのです。
鉛筆を拾うのにどんなに頑張ってみたところで、拾わなければ拾えない訳です。

するかしないかだけです。

実際に、友達に「行くように努力はするよ」と言ったとき
そこには行かないと言っているのと同じかもしれません。

子供に向かって、「自分の部屋を片付けてね」と言ったとしましょう。
「やってみるよ、ママ!」と子供たちが答えたのなら、部屋が片付かない
ことはもう目に見えています。

潜在意識が努力するという言葉の意味を理解していないので
潜在意識はその行為をしなくてもいいものと決めてかかっているのです。

読者の皆さんには「頑張ってみる、試しにやってみる」のではなく
ここでお伝えするテクニックを「経験、実践(あるいは体験)」していただきます。

この「頑張ってみる、やってみる」を極力減らして
代わりに「このテクニックをやります、実践します」と言うようにして下さい。

ここでは「実践する」という姿勢で臨みましょう。

シータヒーリングを実践していくうちに、口に出す言葉と頭の中で形成される
思考の力によって様々な現象を引き起こす力が育まれていきます。

発言と思考には肉体的な変化をもたらす力があるという信念は
人類の直感的な意識と同じだけ古い歴史があるのです。

私たちが口から発する言葉、そしてとりわけ思考の内容は
シータヒーリングを実践する上で非常に重要視されます。

シータ波の状態にある時、人は自分自身の持っている神性だけではなく
直接的に神、すべてなるものの創造主につながるからです。

それゆえ、どんなささいな内容であっても自分の発言や思考の内容を
認識していることが重要になってきます。

負の影響力を持つ思考や言葉の例を挙げます。

✽体重を落とす必要がある。
(もし体重を落としたならば、それをずっと探すことになるでしょう)
✽そんなお金の余裕はない
(お金の余裕がないため、何も手に入れることができず、豊かになることもないでしょ)
✽金は諸悪の根源だ
(もしお金が悪であれば、あなたはずっとお金やお金を手にする機会を避けるでしょ)

声に出したものでも、思考という形で頭に中で呟いているものでも
言葉は私たちの日常生活にとてつもない影響を及ぼします。

何かを宣言するのであればそれを何度も繰り返し声に出せば
その内容が「現実」になります。

シータヒーリング ナチュラルスピリット ヴァイアナ・スタイバル著 p29~30より引用

[/deco_bg]

引用が長くなりましたが
要するに、潜在意識にあいまいなことばは通用しないよってなことです。

あとよく言われていますが、潜在意識は他人と自分を区別しません。

なので、誰か他の人に対して「あいつ最低だよな」とか「あんな奴死ねばいいのに」とか
絶対言わないでくださいね。自分に死ねっていってることになるので。

人に言った言葉、吐いた言葉は自分に返っってくるっていうのは
ようするにこういうことですね。因果応報です。

それともうひとつ
潜在意識は否定語を認識しません。

なので例えば金銭的に余裕がない生活を送りたくない場合は

✖わたしは金銭的に余裕がない生活を送りたくない
○わたしは金銭的に豊かな生活をする(している、になっている)

となりますので、注意してください。

括弧書きで上の例に書きましたが
潜在意識に有効的なことばは、現在進行形あるいは完了系です。

例えばやせたい場合は
わたしはどんどん痩せてきている、あしが細くなってきている、クビレができてきている・・・とか。

お金が必要な時は
既にいくらいくらのお金が私のところに回ってきている・・・とか。

これに行動が加わると尚、実現しやすいといいます。

身振り手振りをして、それが手に入った時の感情をリアルに感じて
一貫した落ち着いたトーンで何度も言葉にだす。

これなにかっていうと、思考パターンを変える行動なんですね。

ただ、思考パターンだけ変えても
根っこにそれを否定する信念体系が残っていると現実化しません。

もし現実化したとしても
何かのタイミングですぐにもとの思考パターンに戻ります。

なので、感情とちゃんと向き合って、それを解放していって

その感情のもとになっていたコアな信念(欲求)をみつけて
最終的にそれを解放すること。

それがどんなに大事かっていうことを何度も何度も話してきたと思います。

これが、現実化のコツです。
更に上級編になると、冒頭の動画でバシャールが言っていますけれど

すでにそれを手にしている自分、成功している自分、つまりそうなりたい自分に
なったつもりの思考、行動、発言をしていくこと。

これが習慣化されると、100%なりたい自分になれる
現実化されると言われています。

引き寄せの法則の極意ですね。

さて、これらをセドナメソッドにあてはまるとどうなるか。

今までも私の実例を参考にあげてきましたが
今日も、ひとつセドナメソッド、解放の実例を。

感情であれ、抵抗であれ、手放したいものを解放する際

手順に従って手放しますよね?
そのあとに、手放したあとにこう言うんです。

わたしは○○を
手放しました、手放しました、手放しました!

あるいは


ありがとうございます。

わたしの○○という感情は
すでに解放されました、解放されました、解放されました!

とかね。

これ、かなり効果のある手法なので
このままでもいいし、自分なりにカスタマイズなんかしちゃって

使ってみてください^^

ではでは、本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございました

過去記事(アメブロへ移行中)の最新記事8件