本当の自分に還り、本物の豊かさを味わう
NO IMAGE

「パワーがない行動とは」を理解する/引き寄せの法則語録㊻

[deco_bg image=”paper1″ width=”500″]否定的な行動というのは、「パワーがない行動」なのです。否定的な行動をする個人というのは、自分の現実を自分が創りだしているということを知らない人たちです。

省略

彼らは、自分でパワーがないと信じている人達です。ところが自分のまわりには、自分をコントロールしようとしている人がいるように思えるのです。そしてそれに対して怒るのです。そのために、怒りと怨みつらみでもっとまわりの人に攻撃します。

省略

ひとりひとり自分の欲しいものは全部創ることができます。それにより、ネガティブなもの、カルマ的なものも切れてしまいます。

バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)ヴォイス ダリル・アンカ 著p32~p33より引用[/deco_bg]

結局うまくいかないことやつらいことを誰かのせいにしていても無駄な時間とエネルギーを費やすだけということでしょうか。頭ではよくわかります。

ただ、自分の欲しいものは全部創ることができるといわれてもなかなか納得できません。だっていま全てが思い通りにはなっていないのですから。

ああ、こう考えること自体、自分に力がないと信じていることなんですよね。だから思い通りにならない。思い通りにならないから、また自分には力がないと信じてしまう。この悪循環。だから他人のせいにすることで、自分以外の何かへその悶々としたエネルギーをぶつけていたのか。

「全ては自己責任」=「ひとりひとり自分の欲しいものは全部創ることができます。」というのがなんだか繋がってきたような気がします。全てが自分の責任であるから、全てを改善することもそうでないことも自分自身にそれをコントロールする力があるということだから。

自分にはパワーがあるということを前提に行動し、そのパワーをどう使っていくかを注意深く観察することを身につけるのが得策なのかもしれませんね。

いま、わたしは、自分のパワーを否定的に使っているのか、肯定的に使っているのか、、、。

過去記事(アメブロへ移行中)の最新記事8件